読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四間飛車の居飛車穴熊対策 ― 第一稿 ▲6七金型vs△4四銀型桂跳ね保留

将棋 四間飛車 居飛車穴熊

関連記事→四間飛車の居飛車穴熊対策 ― 第二稿 ▲6八金型vs△4四銀型桂跳ね保留 - 通学時間

激減の理由

四間飛車激減の理由』(阿部)という棋書をご存じだろうか。
それまで何度も四間飛車居飛車穴熊というテーマを取り上げた棋書は出版されてきたが、居飛車側から見て決定版と言われるのがこの本だ。

これの驚いたところは、ほとんどの結果図に形勢不明という局面がない、すなわち少なくとも若干居飛車穴熊側が指しやすい局面まで研究を進めているのである。

ノーマル四間飛車党にとっては悪夢のような棋書だが嘆いてばかりもいられない。

今回取り上げるのは四間飛車の桂跳ね保留型である。

嫌味な角転換

f:id:God-kami:20141219191514p:plain
居飛車穴熊6七金型に対して△4四銀型の四間飛車で対抗する場合、
▲5九角~▲2六角と角を転換されるのが四間側にとって嫌味だ。
▲4八飛~▲3七桂となってしまえばこの攻めを受けるのは難しい。
またなにかの拍子に自陣に角の効きが通るのは想像以上に嫌な変化を生みやすい。

そこで本稿では角の転換を阻止する方法を探ってみたい。

『激減の理由』との違い

基本図までの指し手

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲5六歩 △6二玉 ▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △7二銀
▲5八金右 △7一玉 ▲5七銀 △5二金左 ▲2五歩 △3三角
▲7七角 △6四歩 ▲8八玉 △8二玉 ▲6六歩 △4三銀
▲6七金 △6三金 ▲9八香 △4五歩 ▲9九玉 △4四銀
▲3六歩 △5四歩 ▲8八銀 △7四歩

f:id:God-kami:20141219185904p:plain

上記が基本図で、『激減の理由』と違うのは四間飛車側が△7三桂を保留することによって、
△8二玉と△5五歩の二手がすでに入っているというところだ。
この手順の思想としては、この局面での▲5九角に対して△5五歩と仕掛けていこうということである。
▲7九金や▲7八金には△7三桂と跳ねて、その交換は四間飛車側が若干得していると思う。

基本図以下

基本図より
▲5九角  △5五歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲2四歩 △同 角
▲3七角  △4六歩 ▲同 銀 △同 銀 ▲同 角 △同 角
▲同 歩  △同 飛

f:id:God-kami:20141224022834p:plain

と進んでどうか。6九の金が離れているので互角だと思う。

変化

▲2四歩に△同歩ならば▲3五歩~▲3四歩が早い。
△4六歩に▲同歩は△3五歩と角をいじめる。
△4六銀に▲同歩は△5五銀と打ってどうか。

結論

どこまでいっても難しい勝負だが自玉無傷で6九の金が離れたまま戦いを起こせるのなら
研究する価値ははあると思う。

ツッコみはコメントにて大歓迎なのでよろしくお願いします。


四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS)

四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS)