読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【感想】『スプートニクの恋人』(村上春樹,1999)

<<ネタバレあり>>

 村上春樹の小説を読んでいつも(といっても三冊目だけど)思うのは、何を言ってるのかわかるようでわからない。情景や心の中の表現・描写が特殊で、読んでいて飽きない。ストーリーの起伏は決して大きくはないが、続きが気になる。そんな感じ。

 この小説で言いたいことは私でも多分わかる。人間の「二面性」がテーマだと思う。小説内では一人の人間がハッキリ二人に分かれてしまうが、それはたぶん「比喩として」の表現。私達は常に表と裏、もしくは外と中身を持っていて、そのどちらかが「本当の自分」だなんて判断できないものなんだろう。

「~。あなたはわたし自身であり、わたしはあなた自身なんだって。~」

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

スプートニクの恋人 (講談社文庫)