読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはそれとして、これから40年働くことについて

日々雑文

 本エントリは不本意配属で自棄になって書いたものではないし、ましてや某新卒フリーランス案件に反応して書いたものではないことを最初に断っておきます。


 世の中の20代30代(もっというと40代も)のみなさんは、定年まで30年、40年ずーーーーっと働き続けることについてはどう思ってるんでしょ。
 私にとっては 絶 望 でしかないんですが。

 希望だけ言うと20代、30代、40代、50代の各年代で一回ずつ、2年ぐらいのニート期間が欲しい。それでやっとなんとかなるか、という感じ。もしくは週休4日。

 こういう考え方は主流だと思ってましたが、他人と喋っていて、そうでもないということに最近気づきました。みんなメンタルつおい。

 こっち系の話はphaさんとかそういう大御所がいらっしゃるので多くは語りませんが。

 一番の問題は、私はphaさんほど弱くないというところにあるんじゃないかと思っています。

 メンタルとかその他何かを削りながら、普通に働くことはできなくはない。できなくはないが、普通の人間ほどうまくはやれないと思うのです。

 私がもっと弱ければ、弱いなりに、そのような方向へ全ツッパできたのでしょうけど。なまじ社会に適応しようとしているからタチが悪い。

 中途半端が一番いけない。どこかで大きく舵をきれればいいのだけど。


ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法